カテゴリ:movie( 44 )

サバイバルファミリー

b0301236_09564425.jpg
監督:矢口史靖
キャスト/小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生!テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、一週間たっても電気は戻らない…。情報も絶たれた中、突然訪れた超絶不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す!

↑TOHOシネマズのサイトよりお借りしました。



いやぁ~ 本当にサバイバルでした(^▽^;)
東京に暮らすごく普通の家族が、朝起きたら停電!電波も止まる。
食べることも通勤通学も困難となり、意を決して家族で身寄りを頼って自転車で東京から九州まで向かう…と
さまざまな困難や自然の脅威、人との感動に遭遇しながら何とか乗り越えていく鈴木家のサバイバル自転車移動 役者さんたちの身体を張った演技に疲れました~(笑)
普通の家族なら『やってられないヨ!』と、バラバラになっちゃうでしょうね。

しかし、今の時代 電気が無かったらアウトです(^^ゞ
電気水道の無い生活、少し経験しておく必要もあるのかなぁ…
昔は無くて大変だったかも知れないけど、逆に時間がたっぷりあったような気がします。
何故だろう??
長い時間TVやPC スマホに夢中になることもなく、何でもかんでも買い物に行かず家で何とか工夫して生活していた(^▽^;)
そんな時代が懐かしい。

今、この便利な時代ですが
この辺で生活の見直しをして ちょっと足踏みしてみましょうか。






[PR]
by Redia1954 | 2017-02-13 10:21 | movie | Comments(2)

”この世界の片隅に”

b0301236_21351689.jpg


広島の呉を舞台に、昭和19年 第2次世界大戦下 
18歳で広島市から遠く離れた呉に嫁いだすずが
段々食べるものも無くなりだしたが、色々工夫をして食卓をきりもりしながら前向きに生きようと頑張る姿が良い。
しかし、戦争が進むにつれ 呉は日本海軍の拠点であるため空襲の標的となり、すずも爆撃により右腕を失う…
その右腕といっしょに大切なものも失った
それでもすずは前を向いて生きようと

とにかく
この悲惨で過酷な戦時下でも、頑張って生きぬいた日本人を忘れないで欲しいというメッセージが現れています。
その苦悩の時代があって、今の日本があると…考えさせらる映画です。
本当は、戦争映画と言うと…重くとても悲しくって切ない物語になりがちだけど
アニメという美しく優しいタッチで 人と人との温かみが柔らかく描かれていて
大変な生活の中でも、人との触れ合いが温かく心がほっこりします。










[PR]
by Redia1954 | 2017-01-12 22:09 | movie | Comments(2)
b0301236_16084041.jpg

『スタンド・バイ・ミー』1986年公開のアメリカ映画


熱く語ったら…エラーで書いたものが全部消えた|д゚)泣

また、改めて書きます。





森のなかに死体があるという噂をきいた12歳の少年4人は、好奇心から死体探しの旅に出るという物語


b0301236_22065105.jpg
死体を横取りしてヒーローになろうとした不良少年グループ
そのリーダーが、今や↓
b0301236_22071004.jpg
「24 -TWENTY FOUR- 」のジャック・バウアー!(^^)!だって


兄を事故で亡くした主人公ゴーディに「聖書によれば、人は生まれたときから死に始めている」と言った老人

そっ、誰でも生まれたらすべて死に向かうのです。


エンディングに流れる曲『スタンド・バイ・ミー』誰もが耳にしたことのある曲

良い曲です。









[PR]
by Redia1954 | 2016-12-28 22:49 | movie | Comments(2)

ショーシャンクの空に

b0301236_21545734.jpg

ショーシャンクの空に
1994年(日本公開1995年)アメリカ
監督 フランク・ダラボン
出演 ティム・ロビンス,モーガン・フリーマン,ウィリアム・サドラー,ボブ・ガントン,クランシー・ブラウン,ギル・ベローズ,マーク・ロルストン,ジェームズ・ホイットモア


あらすじ
ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。
最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係 ”のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。
そんなアンディが入所した2年後のある時、アンディは監視役のハドレー刑務主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。
この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく…

↑サイトよりお借りしました。


いやはや 久しぶりに良い映画を観ましたわ。
優秀な元銀行マン 
アンディ(ティム・ロビンス)が無実の罪で監獄へ
そこで、
レッド(モーガンフリーマン)と出会う。
そこでは、みんな"無実の罪"と言っているが…レッドも3人殺害している。
みんな終身刑で何十年もそこで暮らしているが、
ひとつひとつの台詞が良い。
しかし、刑務所長と主任刑務官は最低だね、やり放題だよ。
見ていて、イライラしてくる。
その刑務官などに逆らわらず真面目に刑務所の中で働いて、運よく仮釈放となっても…
長い間刑務所にいたことで塀の外の世界に馴染めず、自ら命を絶つことに
結局囚人は、"希望"を持ってはいけない。

でもね、ラストのシーンは希望を捨てず見ているものも裏切らず再会シーンは実に素晴らしい。
ラストのロケーションがまた良いんです~(*^▽^*)

機会がありましたら、是非ご覧ください。




b0301236_09175449.jpg
実は、息子がリビングにテレビを買ってくれてAmazonのプライム・ビデオをセットしてくれました。
私が、映画を観に行く暇がないのを知って(^^ゞ
もう、涙が出そう(笑)

早速 昨夜ひとり映画鑑賞を楽しみました♪(*^▽^*)









[PR]
by Redia1954 | 2016-12-06 10:05 | movie | Comments(3)
b0301236_05514125.jpg



監督/本木克英
キャスト/ 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生、六角精児、陣内孝則、西村雅彦


8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、さらに莫大(ばくだい)な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には無茶苦茶な話だった。藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を完遂させようと作戦を練る。

シネマトゥデイ より



金なし人なし時間ない!おまけに帰る城もないと…
しかし、5日以内に参勤交代を命じられた弱小貧乏藩は寝る間も惜しんで
ひたすら江戸に向かって"エッサーホイッサー"と、走って走って幕府の無理難題に立ち向かう??(笑)真面目じゃのぉ~^^

個性派ぞろいの役者さんたちで
いやぁ~ 笑った~^^
あの、朝ドラのアカバネ社長(古田新太)さんが南町奉行所大岡忠相役で良い人を演じていたのには…
(^^ゞこの時期 ちょっと違和感が(笑)











[PR]
by Redia1954 | 2016-09-17 05:50 | movie | Comments(2)

『64 ロクヨン』 後編

b0301236_05045841.jpg
監督:瀬々敬久
キャスト: 佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎

前編が感動的で良かった分 後編も期待しすぎちゃった感あり
ちょっと間があると、あの感動を思い出すのに少々時間がかかる。
やっぱり、一気に見ちゃったほうがより感動も見応えも有るようなぁ…

昭和の時代の最後の1週間で起きた犯罪ドラマの後編だが
超一流の役者さんたちばかりだから、どこを切り取って見ても絵になるし見応えもたっぷり。
ただ…三上役の佐藤浩市さんだけが一生懸命過ぎて 当時 犯人の逆探知に失敗した刑事たちのその後の扱いが薄い

いやぁ…娘を奪われた親の犯人探しの執念と言ったら凄い…解るわ!その気持ち
結局、犯人を探し当てたのは警察では無く被害者の親だし
しかし、誘拐犯は自分にも同じ幼い娘がいながら何故?殺してしまったのか。
『なんで殺ったんだ!』と、三上に何度も聞かれても言わなかった。

ラスト 公衆電話からの着信で終わったけど…三上の娘さんの行方は最後まで分からず
気になる部分は多いが、役者さんたちの演技に引き込まれ久しぶりに良い映画でしたね。




b0301236_06141512.jpg
珍しく(^▽^;) 丸亀製麺で釜揚げうどん食べてきました~
美味しかったのですが、あまりに量が多く(笑)






[PR]
by Redia1954 | 2016-06-18 06:02 | movie | Comments(2)

殿、利息でござる!

b0301236_08520799.jpg
監督:中村義洋
キャスト:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山﨑努

原作は「無私の日本人」に所収されている"穀田屋十三郎"で、実話だそうです。


時は江戸時代、仙台藩の重い年貢により夜逃げや破産が相次ぎ町の行く末が心配されるある日…
宿場町吉岡宿に住む十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から町を救う計画を聞く。
その方法とは…『藩主に大金を貸付け、利息を巻き上げる』という逆転の発想。
だが、計画が明るみになれば打ち首は免れない。
それでも、十三郎たちは町を守るために私財を投げ打ち計画を進めていく。
それは、並大抵の苦労ではない。
喜劇でも悲劇でもなくおちゃらけでもない、日本人の真面目さが際立つ良い物語です。
みんな協力して、兄弟の蟠りも解けてハッピーエンド ええ話や(*^▽^*)
独り善がりになってしまっている今の時代、何処ぞやの知事さんにも聞かせてあげたい(^^ゞ

ラストには、仙台藩第七代藩主、伊達重村役で仙台市出身で友情出演のフィギュアスケートの羽生結弦選手が登場!
いやぁ~ オーラがあり存在感たっぷりで華がありました^^
『馬も人力車もいらない!歩いて帰るぞ!城まで!』と、さっそうと歩く姿はやっぱりアスリートでカッコ良かったです(*^^)v





[PR]
by Redia1954 | 2016-05-29 05:14 | movie | Comments(4)

映画『64 ロクヨン』

b0301236_20514467.jpg
原作:横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋)
監督:瀬々敬久
キャスト:佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/椎名桔平/滝藤賢一/奥田瑛二/仲村トオル/吉岡秀隆/瑛太/永瀬正敏/三浦友和 ほか

昭和天皇崩御のため、昭和から平成に変わった年 たった7日間しかなかった昭和64年
その7日間に未解決の誘拐殺人事件が起こった。
そして、14年が経ち時効まで後1年というときに また同じような事件が…
日本映画界で活躍する豪華キャストによる 前編・後編の二部に渡る超大作
前編では、残念ながら解決という結末までには至らず
来月公開の後編が今から待ち遠しい。








[PR]
by Redia1954 | 2016-05-15 20:53 | movie | Comments(4)

僕だけがいない街

b0301236_21375868.png
「マンガ大賞2014」で 第2位を獲得したことで話題になった
人気コミック三部けいの『僕だけがいない街』の実写映画化

原作:三部けい
監督:平川雄一朗
キャスト:藤原竜也 有村架純 藤沼佐知子 石田ゆり子 及川光博 鈴木梨央 中川翼 杉本哲太 林遣都 福士誠治 森カンナ 他


ストーリーは、パッとしない漫画家でフリーターの藤沼悟(藤原竜也)は、事件や事故を看破するまで時間がループする現象・再上映(リバイバル)が起きるようになる。何度もリバイバルを経験する中、母が何者かに殺害され彼は突如18年前に戻る。小学生のころに起きた児童連続誘拐殺人事件と母の死の関連に気付いた悟は、過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていく。
(シネマトゥデイより引用)


原作もアニメも見ていませんが…
悟は、最初のリバイバルをスルーすれば交通事故にも遭わず母親も殺されることもなかったのかなぁ…
結局 
悟はループしてまで一生懸命人を救ったのに最後 自分だけ逝っちゃうって
何だか損したような
しかし、子役の鈴木梨央ちゃん 
雛月役の演技は凄いです。







[PR]
by Redia1954 | 2016-04-07 21:36 | movie | Comments(2)

家族はつらいよ

b0301236_05371381.jpg

監督: 山田洋次
キャスト: 橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、岡本富士太、広岡由里子、近藤公園、北山雅康、徳永ゆうき、関時男、小林稔侍、風吹ジュン、中村鷹之資、丸山歩夢、笹野高史、木場勝己、笑福亭鶴瓶

出演者が 「東京家族」と、ほとんど 一緒(*^▽^*)
ストーリーは、横浜の住宅街で三世代同居をしている元会社員一家で普通に幸せな家族と思いきや・・・・
ある日、妻 富子(吉行和子)の誕生日で事件が起きる・・・
周造(橋爪功)が 、富子の誕生日を 忘れていたことを指摘され
周造は、富子に
「何か欲しいものはないか」と、尋ねると
既に富子の署名捺印されている「離婚届」を突きつけられる。
思わぬ事態に茫然とする中、長女 成子(中嶋朋子)が、夫 泰蔵(林家正蔵)の大事にしていた骨董品の皿を割ってしまったことが原因で夫婦喧嘩
実は、そのお皿は 成子には1万円と言っていたのに本当は10万円したとウソをつかれたことに成子は腹が立った。
もう、別れたいと実家に泣きながら飛び込んでくる。
だが、成子の夫の言い訳を聞いて 周造は思わず 「自分も離婚の危機にあるんだ」と ぶちまけてしまう。
降って湧いた親の離婚話を聞いた子供たちは慌てて家族会議を開くがみんな勝手なことばかり言って大わらわ
さてさて、この親の熟年離婚はどうなるのか??(*^▽^*)
喜劇なのに、考えさせられたり涙したり
笑いも掴んでいてなかなか面白いです。
ま、他人さまのことだから笑えるんですけど・・・・
しかし・・・
妻 富子(吉行和子)の不満の理由が一緒!一緒!(笑)と、つっこみを入れている自分に笑い。










[PR]
by Redia1954 | 2016-03-25 05:44 | movie | Comments(4)

日々の出来事をカメラに収めて


by Redia